2016/10/1523 Shares

Q:まだ間に合う~観葉植物の植え替えはいつまでに?~

SONY DSC 

8月最後の日。 なんだか早いですね~。

明日から9月かと思うと年末までもあっという間だな。

ところで、お観葉植物、すくすく育ってますか? 暑い時期は水やりや風通しなどのお世話が中心ですが ちょっと涼しくなってきたのでそれ以外の手入れもできますよ。

植え替えは必要

もし、育てている観葉植物の鉢から根が出ていたり、 観葉植物の大きさに比べてかなり鉢が小さいなと思ったら 植え替えが必要です。

鉢の中で根がキツキツ状態だと、呼吸がうまくできず 窒息状態になってそのうち枯れてしまうかもしれません。

また、ずっと植え替えをしていないと土中の微生物や 養分も減ってしまっているので常に飢餓状態ともいえます。

植え替えのタイミング

とはいえ、頻繁に植え替えするのはNGです。

植物にとって植え替えは人間でいえば手術のようなもの。

そう考えるとわかりやすいかも。

根は植物にとって命の元。

根が傷つくことは致命傷にもなりかねません。

一度植え替えをするとかなりの体力を消耗するので 植え替えたあとも安心しすぎないで見守ることが大切です。

なので、いちばんベストな植え替えは2~3年に1度くらいですかね。

季節は気温が15度以下にならない時期。

今からですと秋のお彼岸あたりまででしょうか。

ホントは5月から6月がベストだとされていますが 見るからに鉢が窮屈そうだったり、下葉が枯れてきて 元気がなくなっているようだったら秋でも大丈夫ですよ。

だめな時期は、真夏と冬。

暑さはかなりのダメージだし、冬は成長を止める時期なので 春と秋って覚えておくといいですね。

あ、それから、つぼみがついていたり花が咲いていたりするときは 植え替えしちゃいけないのでご注意ください。

植え替える鉢の大きさ

植え替えるっていうと、 「じゃあできるだけ大きな鉢のほうがいいよね」って 思いがちですが、それは間違い。 大きくても2回りくらい。

いちばんいいのはひとまわり大きい鉢です。

土の量に対して根が少ないと、なかなか水がはけなくて 根腐れしてしまうことがあります。

また、根は先端に刺激を感じながら成長していきますので いつまでも土の中でのびのび状態だと それはそれで成長が遅くなります。

ひとまわり大きいくらいの鉢ですと、根が伸びて 鉢にぶつかることによって、その刺激で発達していくのです。

なので、植え替えは「ひとまわり」って覚えておいてくださいね。

何でも植えかえってできるの?

ただ、植え替えに弱い植物やデリケートな植物もあるので ちょっと調べてからのほうがいいです。

たとえば、 サボテンや多肉植物などはいきなり植え替えずに、 まずは根を乾かすことからはじめます。

また、冬に植え替えをしたほうがいいシノブなんかもありますので やっぱり調べてからのほうが植物のためにはいいですね。

一般的な観葉植物、 ポトスやパキラやドラセナやモンステラなどは 普通に植え替えしても大丈夫です。

お部屋の中の観葉植物、いかがですか?

窮屈そうにしていたり、何年も植え替えをしていなかったら 秋のお彼岸あたり、あ、連休とかあるし、 一日植え替えディにしてみてもいいかも。

手をかけて気を寄せると必ず答えてくれますよ~^^