0 Shares

多数の新規<一人のファン~小さな店は時間を味方にする集客を~^^

フラワービジネスは総じてスモールビジネスでもあります。

大きな商いをしているお店もありますが、そちらはお店というよりも企業という組織的機能が大きいですね。

なので、このブログでは「フラワービジネス=街のお花屋さん」「スモールビジネス=地域の商店」ゆえに「フラワービジネス=スモールビジネスという定義で色々とお伝えしています。

多くのスモールビジネスの経営者が頭を悩ましているのが「どうやったら来店数を増やせるか・・」だと思います。

一言で言えば集客ですね。

どうしても新規客をガツンと増やそうと思うとまずは目立ちたい。

周辺地域に何万部もチラシ広告を配布して地域の情報誌に掲載する。

割引チケットとともに。

その広告費用で来てくれるお客さまはどのくらいでしょう。

さらに、来店後リピートしてくれるお客さまはどのくらいでしょう。

もしかしたら、広告費用をかけなくても新規のお客様がリピートしてくれる確率やスパンは変わらないかもしれません。。

そう、新規のお客さまは確かにとても大切なのですが、長い目で見て本当に重要なのはリピートしてくれるお客さま

そしてファンになってくれるお客さま

要するに、広告費用をかけなくても、自ら望んで来店してくれるお客さまですね。

広告を出すのはダメって言ってるわけではありません。

ただ、新規をたくさん集めたいからという単純な理由だけだと資金がもったいないかと思います。

広告は戦略的に使えば非常に有効ですから。

リピート客を増やすためには、店のブランディングが必須です。

店の価値づくりとでも申しましょうか。

ここがいいからこの店で買いたいんだよね」って部分。

これがしっかり決まればリピート客が増えることはもちろんそのお客さまたちが、ファンになっていってくれます。

ファン客は新規のお客さまを連れてきてくれます。

または口コミなどで、広告塔として活躍してくれたりします

かといって、袖の下を要求するようなこともありません。

あくまでも、好意で好きな店のためにプラスになることをしてくれます。

もちろんこの流れは理想ですので、現実的にそうしようと思ったらいろんなことを学んで、しっかりと行動することが必須です。

なるほど~そうか~と思っただけで実現することではありません。

たとえば20万円の広告費用をかけて10万人に告知して、その中の100人が新規客として来店してくれたけど、リピートしてくれた人は2人だけかもしれません。

しかも、新規客を増やすことによってリピート客を増やしてファン客を育てようと思ったら、つねに新規客をたくさん呼び込まねばならないのでいつもいつも広告を出さなくてはならないし、出さなければ不安にもなります。

さらに、広告を出しても新規客が集まらなかったり売上につながらなかったりしたらこれはもう、すっごいストレスです。

一方で、オープンしたけど特に費用をかけた告知などはせず来店してくれたお客さまにちゃんとした接客をする。

店づくりの時間もしっかりキープして、つねにどこか目新しさを提供できるように気配っている。

一日に、2,3人くらいしか最初は来店しなくてもその少ないお客さまの満足度が高ければ、リピートしてくれるしいきなりファンになって新規客を増やしてくれる。

確かに維持するための資金は必要ですが、リピート客、ファン客が増えてくれば、それもだんだんなくなるはずです。

どちらがいいか、、スモールビジネスなら確実に後者ですね。

時間はかかるかもしれないけれど、1年後、3年後はかなりの差がついているような気がします。

正直言って、資金に限りがあるのがスモールビジネスの特徴。
でも、時間はあります。かけられます。

利益を上げようと思ったら、時間を味方につけることです。

そして、いつもいつもお伝えしているのでしつこいかもしれませんが、ビジネスは売上だけではなく利益も重要。

少なくても利益を出し続けてその蓄積が大切。

いくら売上高が大きくても、赤字だったら。。ガッカリ。。

これは、誰のための何のためのビジネスなのかということにも通じるかもしれませんね~~~^^

花から始まる豊かな暮らしをめざします
↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ