0 Shares

Q:市場で花を買ったり、資材を買うのに何か登録、手続きは必要ですか?

SONY DSC

先日いただいたお問い合わせです。

「読めば読むほどやってみたいと思いますが、市場で花を買ったり、資材を買うのに何か登録、手続きは必要ですか?役所に出す種類などはありますか?」

花屋を起業したいとのご希望で、そのために必要な手続きを知りたいとのこと。

結論から言いますと、

市場で競りを行って花を仕入れる場合は、買参人登録が必要です。

それは市場によって条件が違うので、場所が決まって取引する市場が決まった時点で問い合わせてみるといいと思います。

しかし、

開店当初から競りでいきなり仕入れをするのは結構ハードルが高いので、しばらく落ち着いて自分の店に必要な花の分量がわかってくるまでは、仲卸の利用をお勧めします。

仲卸で買う場合は、特に登録はいらないです。

最小ロットで仕入れることができるので便利です。

単価が競りで買うよりも割高ですが、本数が少ないので予算内で品種を多くそろえられます。

市場には、通常仲卸のほかに資材屋が入っています。

仕入れに行ったついでに資材もそろえることができるので便利です。

資材屋も登録などの必要はありません

また、

花屋は登録しなくても開業することができます

飲食ではないので、お店を借りて花を置けば、もう花屋として営業が可能です。

もちろん、法人にした場合は登記など手続きが必要ですが、営業自体は資格や登録の必要はありません。

つまり、

開店までのハードルは結構低い業種なのです。

もちろん資金は必要ですが、最低限場所と花があればできる仕事です。

開業までのハードルが低いということは、自分でいろんな活動ができるということ。

花屋の形態に決まりはないので、今まで見たことも聞いたこともないような面白い意表を突いた店を始めてもいいわけです。

こうじゃなければいけないということがないので、かなりその販売方法、営業方法は自由自在です。

なので楽しいと言えば楽しい仕事と言えます。

とはいえ、

自由ということは、保証もないということ。

好きにできて楽しくても、だから売り上げが上がるというわけではありません。

ある程度続けないと本当の楽しみって味わえないので、ここはやはり一生懸命売り上げをあげてお金を回して、支払いが滞らないようにして、できれば3年は続けたいところです。

そのために必要な知識や方法を、この「フラワービジネス研究会」のブログで記事にしていますので、何度も読んでみてくださいね。

先日出版した「花屋さんのためのカンタン!楽しい!マーケティング入門」も、起業はもちろん、今やっている店の改善にも役に立つ内容を書いていますので、よろしければダウンロードして読んでみてくださいね。

電子書籍を読むためのkindleアプリは無料でダウンロードできますよ^^

ただいま出版記念の無料セッションを受け付けています。

もし、マンツーマンでいろいろ相談したいことがございましたらお気軽に下記フォームからお申し込みください。

出版記念セッション申し込みフォーム

 

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします♪花の力が流れ込む~~♪