2016/05/190 Shares

時機を逸した商品は見切りが大切~商売は現金化がキモ~

SONY DSC

私が花屋を始めるにあたって、まず決め手にしたのが
在庫を持つ必要がないということでした。

生花なので、在庫にはそもそもなりません。
そのかわり廃棄というロスが生じるのですが、それでも
在庫を持つよりは気が楽だと思っていました。

とはいうものの、正規の値段で販売できなくなったものは、
すべて在庫と考えると、花だって廃棄する手前の微妙なものは
在庫と言えます。
生花の場合は在庫というより見切り品ってことですね。

先日テレビでジャパネットたかたの社長が出てて、
「お客さまにもとめられなくなったらすぐに見切ることが大事」って
話してました。

生鮮品に限らず、商品には旬てものがあります。
その、旬の時が一番利益率高く販売できます。

ただ、その時期は短い。
または限りがある。

かといって、見切り品を販売すると店の価値が下がるんじゃ・・
という心配も頭をよぎります。

私も花をそうやって「短い間ですが楽しんでください」って
安く出したことがありますが、なんか不安でした。
そればっかり売れちゃわないかなとか。
店のイメージが落ちないかなとか。

結果的には、そうならないように仕入れと販売のバランスの改善を
意識するようになったり、あらかじめ予約をできるだけ入れてもらえるような
販売方法にしていったことで、そもそものロス率を低下させることが
できたのでよかったんですが。

とはいえ、仕入れたものが毎回全部売れてしまえば一番いいのですが、
なかなかいつもいつもそううまくいくとは限りません。

どうしよう~、、どうすれば~、、って悩むんですが、
やっぱり高田社長のいうとおり、店にとって見切る勇気って
ホントに大切なんですよね。

現金にできる時点で見切れば赤字だとしてもお金になります。
お金になれば次の仕入れに回すことができます。

うじうじしてて見切りを外したら廃棄=ロスです。
今は廃棄にも費用が掛かります。
しかも現金化はゼロですからまるまる赤字です。

ま、こう単純に考えるとカンタンそうなんですが
とにかく見切りはムツカシイ。
さらにそれを現金化するのはもっとムツカシイ。

でもやれば確実に商売の腕が上がる。
このやるとやらない、できるとできないって、
どこの違いなんでしょうね~^^