2015/10/060 Shares

いいわけ小僧にとりつかれたら~現実的な実践で振り払おう~

SONY DSC

やってみたら違ってた。。

起業して自営の道を選んだとき、目の前はきっと明るいと思う。
だれも暗い気持ちで自分の好きなことを仕事にしようとはしないです。

でも、実際営業し始めたらだんだんと暗くなっていくことも。
「思ったより売り上げが上がらない」
「お客さまがあんまり来てくれない」
「ライバルが多くて気持ちが負けてしまう」
とかとか。

こういう思いって誰でも経験あると思います。
もちろん私にもありました。

開店当初よりも3年くらいたってからのほうがそんな気持ちが強かったかも。
3年もたっているのにまだ安定していないということが
とっても引け目に感じてしまっていたんですね。

で、上記のようなマイナスイメージがどんどん膨らんでた。
マイナスイメージって膨らみすぎると体が動かなくなってしまうってこと
そのとき実感しました。

じゃあ、改善するためにアクションを起こそう!って思っても
「でも無理かも」
「だって場所がよくないし」
「資金がないし」
とかとか、
今思うと「いいわけ小僧」がとりついて、行動させないように
していたとしか思えないくらい、はじめの一歩がでなくなってました。

これじゃだめだって気持ちも当然ありました。

で、どうしたかというと、
自分で勝手に何の根拠もなくそれこそ恥ずかしいくらい
「繁盛できる」
「絶対うまくいく」
「失敗するわけがない」
とかとかの超ポジティブシンキングを無理にするようにしたんです。

今思えば、超ポジティブシンキングって言うのもなんだか怪しいけど
自分の中の「いいわけ小僧」を振り払って二度と取り付かせないためには
必要だったのかも。

繁盛するにはワケがある

いいわけしていたことはすべて他店と比較していたから。
ほかの店にいくらたくさんの来客があって、繁盛しているように見えても
それはそれ相応の努力をしているから。
何もしないでうまくいっている店なんてありえない。

私は他店のうまくいっているところしか見えなくて、
それをだめな自分の店の状況と比較してたんですね~^^;
比較にならないのにね。

そんなこんなでいろいろくよくよしたりめそめそしたり
いじいじしたりしていた状況から、だんだんと
「いや、どこも大変だし、がんばってるからうまくいってるし、
繁盛してる店は相応のアクションをしてるから結果が出てるんだ」って
思えるようになりました。

確かにそうですから。

今、現在の状態は急に存在してるわけじゃないです。
必ず原因がある。
良くも悪くも。

だから、よくなろう!と思うなら、今、この時点から
具体的、現実的、実践的なアプローチを考えて
即座に行動を起こせばいいってことですね~^^

*******************

↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ