2015/10/060 Shares

夢をカタチにするために~現実的に必要なものは~

SONY DSC

夢を現実にするために。。

長年花屋さんで店長として働いていたという方から相談を承りました。

花屋経験は10年以上、お店の店長としても6年間がんばってこられた方。

 

花の技術的なことや知識はかなり身につけたので

そろそろ独立を考えているとのこと。

 

自分の夢として、いろいろなイメージは膨らんではいるが

実際に何から手をつければいいのかわからないとの内容でした。

 

確かにいざ、自分が経営者になるとしたらどうしていいのか不安になりますよね。

 

たくさんすべきこと、決めるべきことはありますがまず現実的に大事なことは資金です。

店舗を借りたり、什器をそろえたり、資材をそろえたり、仕入れもあります。

 

資金にあわせて規模や立地を決めることになりますが、

もし、たくさん資金があったとしてもあまり大きな規模や高い家賃の物件は避けて。

一見とっても素敵!と思えたとしても

家賃は固定費なのではじめはできるだけ少ないほうが無難です。

 

できれば自己資金はあまり使わずにすませたらいちばんいいです。

自己資金があるので開店資金はできるだけ少ない額ではじめて、運転資金が必要なときは、

商工会などに相談して、小額を借り入れして返済していくことをおすすめしました。

 

案の定、借り入れしたくないから貯金をしてきたんですとのこと。

わかります。

そのきもち。

金利も払わなくちゃいけないですしね。

 

夢をかなえるためには現実的な理解を

でも、現実的に考えると開店当初から利益が出るとは考えづらい。

となると、いくら潤沢に自己資金があったとしても毎月の固定費の支払いで

どんどん目減りしていくはずです。

 

一月5万円の赤字だとしても1年だと60万円。

貯金なんてすぐなくなってしまいます。

 

そうならないように、お店の集客やブランディングに力を入れなくてはなりませんが

それとこれとはまた別の話に。

 

なんだかせっかくの夢に水を差すようなことを言ってしまいましたが

独立起業はゴールではなくあくまでも夢を現実に変えるためのスタート。

 

自分のお店は時間をかけて一歩一歩こつこつと育てていくもの。

そのためにも長く続けることが前提かと。

 

夢という素敵なビジョンやイメージはとっても大切。

でも、資金調達ということも同じくらい大切なことなんですよね。

 

細かいことも含めてたくさん説明をさせていただいたので、

られるころには対応、

そして独立起業への具体的な準備をイメージしておられました。

 

よかった。。

現実的なことって、耳の痛い話だったり耳障りな内容だったりするから

話すとき結構キンチョーしちゃうんです~これが~~~^^

 

(*ご本人の承諾を得て掲載させていただきました)

*****************************

 

好きな仕事を長く続けたい方、無理せずちょうどいい方法を

一緒にみつけていきましょう!

お気軽にご連絡ください↓

プロフィールバナー

「忙しくならずに利益を上げる!」
フラワー&スモールビジネス改善コンサルタント
パルテール*相嶋久美子
↑プロフィールはこちら

グーグル+バナー
↑Google+はこちら

 

↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ