2020/02/110 Shares

スモールビジネスは大きくしちゃいけないの~yes^^~

SONY DSC

小さいままビジネスの内容を充実するためには、結構強い意思を必要とされるかもしれません。

小さくてもだんだん軌道に乗ってくれば誰だって、もっと売りたい、もっと知られたい、と思うはず。

それってあたりまえのことです。

そこで、どのように大きくしていくか。。

たとえば、今まで自分が手をかけて作っていた商品とは全く違う、大量生産できる商品を企画するとか。

これなら、アイデアが商品となるわけですから母体は小さいまま、外でまた違った商品アイテムとして流通させることができます。

でも、またここでジレンマが。

そのような大量生産の外注商品を作ることが出来るのはモノづくりではなく、経営者脳にならないとムリだということ。

たくさん売らなくてはいけないわけですから。

となると、外注商品の企画販売担当のスタッフが必要です。

同一の経営者またはオーナー、デザイナーがすべてを手がけるわけにはいきません。

もちろん、両方のセンスがある方もいるので全くできないかというと断言はできませんが、普通はできたとしても続かないかと。

現実的に考えたら、大きくするということは違う考え方を取り入れて実行するということ。

組織力が必要となります。

もし、今のままモノを作って大きくなりたいとしたら全く同じ自分が2人以上必要です。

ありえないですね。

じゃあどうしたら。

役割分担がしっかりできるのなら可能です。

自分は好きなモノづくり。

経営センスのある人をパートナーにして、商品を増やして販路を拡大する。

言葉にすると、にゃるほど~と思いますがこれ、現実的にはものすごく大変なこと。

共同経営をして結局破綻した例をたくさん知ってます。

2ヘッドはものすごくむつかしい。

・・とここまでカンタンに考えただけでも拡大路線はムリって思いませんか。

できないことはないけれど、よほど割り切ることができなければやってもやめると思う。

後ろ向きで嫌なことを言ってるようですが、そもそも、オーナー経営者としてスタートするってことがすでにスモールビジネス路線を選んでいるわけですから
売上を拡大する路線は選ぶほうが???ではないかと。

スモールビジネスを前向きに考えて満足度をアップさせ続けるならば、大きくしない。

これにつきるかと~~^^

*行動がすべてを解決します
客観的に今の状況やこれからすべきことを見つけたい方は、アドバイスセッションにご参加ください。

↓今なら「花屋さんのためのマーケティング入門」購入後、レビュー記入または有料メルマガ登録(近日スタート)で、zoomまたは直接での面談(1~2時間)の有料アドバイスセッションを無料にてプレゼント♪
出版記念無料セッション申し込みフォーム

cover.jpg
「花屋さんのためのカンタン!楽しい!マーケティング入門」

電子書籍を読むためのkindleアプリは無料でダウンロードできますよ^^

花から始まる豊かな暮らしをめざします
↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ