0 Shares

価格競争よりも付加価値を~コツはお店の一貫性~

SONY DSC

胡蝶蘭など、一般的にイメージしやすい花は価格競争に陥りやすいです。

同じ白の胡蝶蘭3本立を売っているお店でも、一方は15,000円、もう一方は10,000円で販売していたら
やっぱり10,000円の方を買う方が多いと思います。

その場合の比較対象は、価格。

誰もが知っている規格商品は需要が多いかもしれませんが、付加価値が付けづらいため、価格で決められる場合が多い。

ネットだと産地直送で立て札までつけて配送してるので、かなり安いので結構需要があるみたい。

その点、オーダーで作るアレンジや花束は、いろんな付加価値をつけることができます。

たとえば、その店の雰囲気、センス、デザイン、接客態度、ディスプレイ、などなど、あらゆるものが価値となって現われます。

価値観を共有する人がお客様となってくれることが多いので、作った花束やアレンジは花の価格プラスの値段で販売されることが普通です。

しかし、

その価値をお客さまに買っていただくためには、お店や商品への「信頼感」がとっても大切。

信頼感とは、お店のイメージの一貫性

エレガントな花の組み合わせが気に入っていたのに、別のスタッフがつくるとポップな感じになって好みと違う。。なんてことになるとちょっと他の店探そうかな。。と思われることも。

この前は3000円で可愛いブーケを作ってくれたのに、それほど変わらないのに5000円と言われた。。

何だか前と店の雰囲気が違う。。

などなど、お店に一貫性がないとお客様は不安になり、信頼感は損なわれてしまいますよね。

そう、

付加価値とは店づくりなのです。

どんなコンセプトで、どのくらいのグレードで、どんな層をターゲットにしていているか、などなど。

ここがしっかり作りこまれているととても分かりやすいみせいなります。

ポジショニングが確立している店ということですね。

簡単そうで、いざ自分の店に当てはめようと思うとなかなかうまくできないことだったりしますが、とっても大切なことなので、ちょいと考えてみてはいかがでしょう~^^

今日も自分を信じて素敵な一日を♪

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします